スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


長妻厚労相、審議会に陳謝=派遣法案修正で抗議受け(時事通信)

 労働者派遣法改正案が社民、国民新両党の要求で国会提出直前に修正されたことに対し、厚生労働省の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)は1日、「審議会の意見を尊重するよう強く求める」との抗議意見書を長妻昭厚労相に提出した。審議会委員によると、厚労相は「二度と起きないようにしたい」と陳謝した。政府の審議会がこうした意見書を出すのは極めて異例だ。
 改正案は審議会の答申に沿って策定されたが、社民党が5項目の修正を要求。政府はこのうち、契約期間の定めがない派遣労働者を対象に派遣先企業が行う事前面接の解禁削除を受け入れた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査(医療介護CBニュース)
【1都4県週刊知事】埼玉 上田清司知事 職員に3つの目、必要(産経新聞)
民主支持の茨城県医師会長が初当選、日医会長選(産経新聞)
首相動静(4月5日)(時事通信)
<東京都>予算成立 築地関連予算も可決  (毎日新聞)

死刑執行、国民感情に悪影響=中国に懸念伝達へ−官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は30日午後の記者会見で、中国当局が日本側に対し、判決の確定した日本人の男性死刑囚の死刑を執行すると通告してきたことについて「国民感情をかんがみると、あまり良い影響が出ない」と述べ、日本側の対中感情に悪影響を与えることへの懸念を表明した。その上で、こうした認識を外交ルートを通じて中国側に伝える意向を示した。
 ただ、「中国の司法の問題だから、日本が『それはけしからん』と言う問題でない」とも語り、抗議するには及ばないとした。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
日本への通告を正式確認=邦人死刑執行で
日本人の死刑執行を通告=麻薬密輸罪、来月5日にも
千葉法相に執行停止求める=死刑廃止議連

神奈川県不正経理、副知事2人を事実上更迭へ(読売新聞)
救急搬送の妊婦死亡 業務上過失致死容疑で当直医送検(産経新聞)
郵政改革案「亀井氏案で進める」=預入限度額は2000万円軸−鳩山首相表明(時事通信)
【風】「やる気あれば学力身につく」(産経新聞)
<総務省>NTT東日本に行政指導 電柱の管理徹底で(毎日新聞)

<規制改革分科会>メンバー41人を発表…枝野担当相(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は26日の記者会見で、行政刷新会議の下に新設した「規制・制度改革に関する分科会」(会長=大塚耕平副内閣相)のメンバー41人を発表した。自民党政権下での「規制改革会議」の後継組織で、同会議の議長だった草刈隆郎日本郵船相談役ら5人が再任された。また4人は昨秋の事業仕分け第1弾で「民間仕分け人」を務めている。

 初会合は29日に開き、今年6月をめどに取り組み方針をまとめる。分科会の下に(1)グリーンイノベーション(環境エネルギー)(2)ライフイノベーション(医療介護など)(3)農業−−に関する作業部会を設置。医療制度の見直しや太陽光パネル導入促進のための法改正などが検討候補だ。【影山哲也、小山由宇】

 作業部会だけに所属するメンバーと大塚、草刈両氏を除く分科会員15人は次の通り。

 ▽田村謙治内閣府政務官▽相澤光江(弁護士)▽安念潤司(中央大法科大学院教授)▽大上二三雄(エム・アイ・コンサルティンググループ社長)▽大畑理恵(税理士)▽翁百合(日本総合研究所理事)▽樫谷隆夫(公認会計士)▽木村修(伊賀の里モクモク手づくりファーム社長理事)▽黒岩祐治(国際医療福祉大大学院教授)▽寺田千代乃(アートコーポレーション社長)▽速水亨(速水林業代表)▽八田達夫(政策研究大学院大学長)▽佛田利弘(ぶった農産社長)▽松井道夫(松井証券社長)▽山崎福寿(上智大教授)

【関連ニュース】
12月号
大塚副内閣相:「法人税率引き下げ必要」 国際競争力を強化

警告件数を水増し、巡査2人処分=埼玉県警(時事通信)
ゴミ処理施設建設現場で爆発=7、8人負傷−兵庫・姫路(時事通信)
2010〜2011年秋冬 東京ブランド新作 重量感より軽やかさ(産経新聞)
現存最古「慶祝の舞」鮮やか 京都・平等院(産経新聞)
<倉本聰さん>北海道教育大学で講義 教師の卵に演劇的手法(毎日新聞)

DNAで大麻の「種子」判別へ=幻覚成分なくても鑑定可能−石川県警(時事通信)

 大麻汚染が全国的に広がる中、インターネットなどを通じて、栽培目的での「種子」の売買が増えている。種子は葉などと違って幻覚成分を含まないため、押収しても大麻と証明するのが難しいが、石川県警科学捜査研究所は、DNA鑑定で迅速に判別する方法を開発した。捜査関係者は、現場ですぐに判別できれば、捜査に素早く着手できると、実用化に期待を寄せている。
 大麻草の中で「テトラヒドロカンナビノール(THC)」という幻覚作用成分を含むのは葉と花のみで、種子や茎を持っていても大麻取締法の「所持」では摘発対象にならない。種子の所持は「栽培予備」、売った場合は「栽培ほう助」となることもあるが、栽培キットや自白などがそろわなければ立件は難しい。
 現在の捜査では、押収した植物が大麻かどうか調べるには、顕微鏡で形状を見るか、成分検査でTHCを検出するのが主流。しかし、種子の形状判別は難しく、厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課は「植えて芽が出るまで1週間以上待たなければ大麻と認定できない」とする。
 こうした中、石川県警の科捜研は、大麻草のDNA型が種子を含めた草全体から検出できることに着目。公開されているデータベースを基に大麻草特有のDNA型を洗い出し、それに反応する試薬をつぶした種子に付着させて、大麻かどうか鑑定する方法を開発した。
 捜査現場に鑑定キットを持ち運ぶこともでき、約1時間で判別できるという。科捜研の研究に協力する北陸大の渡辺和人教授(59)は「鑑定は訓練すれば素人でも可能で、客観的に判断できる」としている。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
覚せい剤密輸で邦人逮捕=中国

元五輪メダリストらが橋下知事を表敬訪問(産経新聞)
強度、伸縮性優れた合金開発=医療や耐震などへ活用期待−東北大(時事通信)
B型肝炎、7地裁で追加提訴(産経新聞)
<郵政改革>亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判(毎日新聞)
佐用豪雨、小学校で修了式 唯人君追悼、不明の文太君の発見願う (産経新聞)

<強風>札幌で33.3メートル 3月の観測では最大記録(毎日新聞)

 21日の北海道内は低気圧が日本海側から東に抜けたことに伴い、全域で強風に見舞われた。札幌管区気象台によると、旭川では午後1時11分に最大瞬間風速が34.1メートルと観測史上最高を記録。札幌でも午前9時57分に33.3メートルと3月としては観測最大となった。強い風は22、23日も続く見込みで、気象台は注意を呼び掛けている。

 強風の影響で、JRは架線にビニール袋が付着するなどのトラブルが相次ぎ、21日午後2時15分現在、札幌と新千歳空港、旭川、帯広などの各駅を結ぶ特急を中心に計128本が運休した。また道警によると、午後0時半ごろ、赤平市茂尻本町2の民家で屋根の鉄板が強風に吹き飛ばされる被害も出たが、けが人ないという。【木村光則】

【関連ニュース】
排ガス:積雪で車内に逆流 男性死亡 岩手
強風:21日夕にかけて20メートル超す風も
大雪:北海道大荒れ 釧路管内32校休校へ
大雪:青森・八戸61センチ 北日本は11日も
天気:降雪、強風で交通機関乱れる

自転車違反警告水増し、埼玉県警巡査2人処分(読売新聞)
<JR山手線>浜松町駅で女性はねられ死亡 31本に遅れ(毎日新聞)
<爆発>深夜のトヨタ工場で作業中 1人軽傷 愛知・みよし(毎日新聞)
ストリートコンピューティング あす「小池スタイル8耐」(産経新聞)
<ホンダ>「スーパーカブ」2車種リコール(毎日新聞)

千葉県警元警部補に有罪=覚せい剤使用「信頼損なう」−東京地裁(時事通信)

 交際相手と一緒に覚せい剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反罪に問われた元千葉県警警部補佐藤祐介被告(49)=懲戒免職=の判決が23日、東京地裁であり、吉村典晃裁判官は「警察への国民の信頼を損なった」として、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。
 吉村裁判官は「覚せい剤を取り締まるべき立場にありながら、取り調べを担当した女との不倫関係を維持するため犯行に及んでおり、強い非難に値する」と述べた。一方で深く反省し、懲戒免職になった点などを酌量理由に挙げた。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
覚せい剤密輸で邦人逮捕=中国
DNAで大麻の「種子」判別へ=幻覚成分なくても鑑定可能

運転士判断で急停止 鶴見緑地線の運行トラブル(産経新聞)
造山古墳で周濠跡=大王墓に匹敵、地方にも大勢力か−岡山大(時事通信)
【KANSAIハヤ耳】「本に願いを」プロジェクト 森のメープルあめ(産経新聞)
<狩野探幽>水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
<民主党>国会改革関連法を了承 成立の見通しは立たず(毎日新聞)

<雑記帳>笠松競馬出身のラブミーチャン、馬群に沈む(毎日新聞)

 地方競馬の岐阜・笠松競馬場所属の3歳雌、ラブミーチャンが14日、日本中央競馬会(JRA)のフィリーズレビュー(阪神)に挑んだ。

 3着以内ならJRA重賞・桜花賞(4月11日・G1)の出走権利を得られる。最終第4コーナーまでトップを維持したが直線で伸びず、16頭中12位。浜口楠彦騎手は「いつものいい反応がなかった」。

 笠松は、JRAグランプリの有馬記念で勝ったオグリキャップを生んだ地。「オグリに続け」と願った馬主の小林祥晃(風水師のDr.コパ)さんは「一瞬だが夢を見られた」。次の目標は地方競馬の桜花賞(今月24日・浦和)だ。【黒尾透】

【関連ニュース】
競馬:ウオッカの引退発表…JRA G1最多タイの7勝
JRA:馬券ネット購入、非会員も可能に…来春から
競馬:レッドディザイアがドバイW杯選出…レースは27日
競馬:ドバイ遠征の横山典、5着が最高
競馬:レッドディザイアがドバイG2で優勝

首相動静(3月14日)(時事通信)
東京モノレール 運転再開 午後8時45分ごろ(毎日新聞)
密約認定、日米に影響せず=官房長官が沖縄知事に(時事通信)
新理事長に池坊保子氏=漢検協会(時事通信)
日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)

月末の日米外相会談で提示せず=普天間移設先−平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は17日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、29、30の両日にカナダで開かれる主要8カ国(G8)外相会合に合わせた日米外相会談で政府案を米側に提示することはないとの見通しを明らかにした。
 平野長官は「今の状況で言ったら(提示することには)ならないのではないか。まだ政府のベース案がそこでしっかりして、ということには、わたしの理解ではならない」と述べた。 

【関連ニュース】
今月末に日米外相会談=普天間移設など協議
普天間は無関係=米国務次官補の訪日中止
「日本の状況関係ない」=訪日中止で米国務次官補
米次官補来日中止、関知せずと鳩山首相=平野官房長官、普天間への影響否定
「徳之島検討指示」報道を否定=鳩山首相

放火容疑で社員の男逮捕=滋賀リビング新聞社の火災−県警(時事通信)
雑記帳 「龍馬銀貨」5月発行(毎日新聞)
“15の春” 1万9000人巣立つ 大阪市立中学で卒業式(産経新聞)
特養整備、大都市中心に多床室に「舵切りつつある」―厚労省課長が認識(医療介護CBニュース)
子ども手当て満額支給、首相「6月めどに方針」(読売新聞)

新報道2001 鳩山邦氏、新党「覚悟は完全」(産経新聞)

 民主党の渡辺周総務副大臣、自民党の鳩山邦夫元総務相、みんなの党の渡辺喜美代表が政界再編について議論した。

 −−新党旗揚げの覚悟は

 鳩山氏「覚悟は完全にできている。3月末は無理だと思うが、連休前でしょうかね。与謝野馨元財務相、舛添要一前厚生労働相、みんなが一緒になれるように接着剤になりたい」

 喜美氏「ご自分でまず行動していただきたい」

 周氏「与謝野さんがおっしゃっているのは、鳩山由紀夫首相を谷垣禎一自民党総裁が党首討論で攻めきれなかったということ。ちっとも政策の旗が見えてこない」

 −−新党に必要な5人が集まらなくても自民党を離党するか

 鳩山氏「5人のめどは立っている」

 −−新党の顔は舛添氏が最適か

 鳩山氏「一般的に見ればそうだ。私はそう思っている」

 −−喜美氏との連携は

 鳩山氏「喜美さんとも連携、とれるだけとりたい。よろしくお願いします、喜美さん」

 喜美氏「理念も政策も違う人たちとは一緒にできない」

 −−民主党と公明党が接近している。どちらがすり寄っているのか

 周氏「自民党と公明党がやってきた10年間の政策をリセットしようとしているので、そう簡単にできることじゃない」

 −−喜美氏とは近いのでは

 周氏「みんなの党が言っている理念と政策と、民主党が言っていることは一緒だ。一緒にやっていただけると思う」

 喜美氏「民主党がやるべきことをやれるかどうかを見る」

【関連記事】
「民公接近」に与党から不満続々 小沢氏はだんまり
「みんなの党」渡辺代表ニヤリ 参院選で大化けも!?
与謝野氏の目的は政権交代 園田氏が自民幹事長に説明
「舛添首相」期待感断トツ! 凋落自民希望の星
「谷垣降ろし」加速も 反対勢力の一本化は不透明
20年後、日本はありますか?

<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
82歳奔走 ハイチで34年前から慈善活動 女性医師「第二の故郷、復興尽力」(産経新聞)
【健康】ヨウ素 取りすぎ注意 「食事摂取基準」来月改定(産経新聞)
漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)

自殺装い殺害容疑 元妻ら5人逮捕(産経新聞)

 宮城県亘理町で平成12年、自殺を装って自衛官の高橋光成さん=当時(45)=を殺害したとして、県警は3日、殺人容疑で高橋さんの元妻で那覇市安謝(あじゃ)のパート社員、まゆみ容疑者(49)と仙台市若林区の会社役員、菅田伸也被告(31)=強盗殺人罪などで起訴=ら5人を逮捕した。5人とも容疑を認めているという。

 県警によると、高橋さんは首をつって死亡した状態で見つかり、検視を行ったが、まゆみ容疑者の証言などから自殺と判断していた。阿部信三郎刑事部長は同日、検視に誤りがあったことを認め、「誤認検視の絶無に取り組む」とのコメントを出した。

 菅田容疑者は、16年に仙台市青葉区の飲食店経営、石垣英治さん=当時(30)=と、11年に東京都新宿区の暴力団組員、打田篤司さん=同(31)=の2人を殺害したなどとして逮捕、起訴。殺人事件への関与は今回で3件目。

 5人の逮捕容疑は、12年8月6日、高橋さん宅で、首つり自殺を装って高橋さんを殺害したとしている。

慶大と韓国・延世大、囲碁交流(産経新聞)
【論説委員の取材ノート】石川水穂 痛恨の教科書誤報事件(産経新聞)
日本イーライリリー、売上高1千億円突破(医療介護CBニュース)
第二京阪道路 高速道を地車走る?全通前の祝賀イベント(毎日新聞)
阿久根市長の出席拒否、法の想定外に議会苦慮(読売新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
ネットビジネス
探偵事務所
クレジットカードのショッピング枠を現金化
探偵社
クレジットカード現金化 即日
無料ホームページ
情報起業
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)
    AtoZ (08/26)
  • リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)
    とろろいも (01/18)
  • リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)
    桃医 (01/12)
  • リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)
    道隆 (01/05)
  • リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)
    玉木よしひさ (12/31)
  • リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)
    ナーマソフト (12/26)
  • リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)
    ゴンボ (12/16)
  • リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)
    ばきゅら (12/07)
  • リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)
    ポロネーゼ (12/03)
  • リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)
    ポコラーニャ (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM